便秘とは、簡単にいうと、排便が困難な状態のことをいいます。 人間は毎日排便をするのが普通ですから、3日から4日以上も排便できない場合は便秘といって良いでしょう。 また、排便はできても、便が硬くて少量しか出ない場合も便秘と呼びます。 この便秘に悩まされている人は非常に多く、中でも女性は便秘になりやすいので、注意しないといけません。 そして、便秘になると、以下のような症状も現われます。 ・腹痛 ・お腹の張り ・食欲不振 ・肌荒れ ・肩こり 便秘になってしまうと、お腹が痛くなったり、張りを感じるようになります。 これは、便秘の代表的な症状です。 そして、食欲不振に陥ったり、肌荒れや肩こりを起こす可能性もあります。 便秘になると有毒ガスがお腹の中で発生してしまい、それが血液の中に溶けこみ、体のいたるところに行き渡るでしょう。 そのせいで血液の流れが悪くなるため、肌荒れや肩こりを引き起こすのです。 本来、体内にあってはいけないものが蓄積されている状態なので、当然、体に悪影響を及ぼします。 そのまま放置しているのは危険ですから、早めに便秘を解消するようにしましょう。